溶接とは

材料に応じて接合部が連続性を持つように、熱又は圧力もしくはその両者を加え、さらに、必要があれば適当な溶加材を加えて、部材を接合する方法です。

 溶接法の分類

溶接は、その接合の機構によって、融接、圧接、ろう接に分けられます。

融接
被溶接材料(母材 )の溶接しようとする部分を加熱し母材のみか、または母材と溶加材(溶接棒など)とを融合させて溶融金属を作ってこれを凝固させ接合する方法。
機械的圧力は加えない。

圧接
接合部へ機械的圧力を加えて行う溶接法。

ろう接
母材を溶融することなく、母材よりも低い融点を持った金属の溶加材(ろう)を溶融させて、毛細管現象を利用して接合面の間隙(すきま)にゆきわたらせて接合をする方法。
硬ろうを用いるろう付と比較的融点の低い軟ろうを用いるはんだ付とがあります。

 溶接加工実績

当店では、ステンレス板・アルミ板・鉄板による溶接加工・溶接組付け・溶接修理を数多く手掛けてきました。
ステンレス板・アルミ板・鉄板・各種鋼材での溶接加工・溶接組付けなどには、専用機部品・製缶物・タンク・カバー(安全カバー、機械カバー、チェーンカバーなど)・ダクト・シュート・ホッパー・食品関係器・各種安全棚・建築金物・大型看板・架台・台車・制御盤・配電盤・オブジェ・インテリア雑貨・遊具など、多くのお客様よりご注文を頂いております。
職人の高度な技術と経験、最新の設備でお客様のご要望にご対応させて頂きますので、お気軽にお問合せください。

 溶接加工・溶接組付のお見積り・ご注文について

溶接加工でのご注文・お見積は下記のお問い合わせフォームより送信ください。

・お問い合わせ内容に出来るだけ詳しく加工内容をご記入ください。
・お問い合わせの際は、加工図・図面等を必ず添付しお送りください。(ファイルは1MB以下)
・加工図はフリーハンドでもOKです。
・図面には、材質・板厚・サイズ(縦x横)・穴径などの寸法を必ずご記入ください。
・図面が複数枚ある場合は圧縮してお送りください。
・お見積は無料です。



ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

ステンレス板     | SUS304 2B / SUS304 HL / SUS304 #400 / SUS430 / SUS304 縞板
アルミ板       | A5052 / A5052 縞板
スチール板      | SPCC / SPHC-P / SPHC / SECC / 縞鋼板
鋼材         | 角パイプ / 丸パイプ / フラットバー / アングル

バーベキュー鉄板   | スタンダード /  炭火焼きタイプ / 網焼きタイプ / 深皿タイプ / 深型グリドル / ステンレスタイプ / プレート+フタ
             プレート+木皿 / お試しプレート / オーダーサイズ
メーカー対応プレート | コールマン / ユニフレーム / スノーピーク / ロゴス / イワタニ / SOTO / ウェーバー / サンフィールド / 尾上製作所
             ハーフェレ / ドッペルギャンガー / ヤマキン / タチバナ
バーベキューグリル  | ビッグボディータフ
調理器具       | サイドトレー / 蒸し焼きフタ / ミートプレッサー / BBQ網

クレープ鉄板     | D200 / D250 / D300 / D350 / D400

加工技術       | レーザー加工 / シャーリング / 穴あけ・ネジ切り / 曲げ加工 / 溶接組付