極厚バーベキュー鉄板のご使用方法と保管方法

1.極厚鉄板の焼面の汚れを落としてください。
調理前は、焼面をキッチンペーパー等で拭き、汚れを落としてください。
初めてご使用される場合は、鉄粉等の付着がありますので表面の汚れが気になる場合は水洗いをして下さい。(水洗い後は直ぐに水気を拭き取るか、火にかけて水分を蒸発させてください。そのまま放置するとすぐにサビが発生しますのでご注意ください)
 
2.極厚鉄板にオリーブオイル(食用油)をひきます。
ペーパーで表面の汚れを拭き取ったら鉄板を温めます。
加熱時間は、板厚・材質により異なりますが、水を数滴落としてすぐに蒸発するようであれば十分に温まっております。
鉄板が温まったらオリーブオイルを薄くひいてください。
油をひいて煙りが出だした場合は鉄板が十分加熱されておりますので、弱火にするか、一度火を止めてください。

 
3.ヘラまたはキッチンペーパーで油を均一にのばします。
ヘラまたはキッチンペーパーなどを使って表面の油を均一にのばしてください。加熱後、油をひいてキッチンペーパー等で表面を拭くことによってさらに細かい汚れが落ちます。
初めてご使用される場合や、表面の黒い汚れ(鉄分)が気になる場合は、2⇒3を数回繰り返し行なってください。


 
4.調理開始。
表面の汚れを落とし油が均一に馴染んだら食材を入れ、お楽しみください。
鉄板の温度が低いと食材が鉄板に焦げ付きやすいので、鉄板がしっかり温まってから食材をのせてください。使い始めはオリーブオイルを多めに入れて頂くと焦げ付きにくくなります。
鉄板の板厚が分厚い程、焼き上がりが早いので焦げ過ぎに注意してください。
 
5.使用後のお掃除方法。
調理後は、表面に焦げカス等が残っているかと思います。
ヘラやブラシを使って汚れを落としてください。頑固な焦げ付きは中性洗剤等を使用し水洗いして頂くと汚れが落ちます。それでも落ちないときは、お湯に数分浸けておくと落ちやすいです。(長時間の付け置きはサビ発生の原因となるのでおやめください)

 
6.洗浄後のお手入れ方法。
極厚鉄板全体の汚れを落とした後はキッチンペーパー等で鉄板を拭いてください。水洗いを行った場合は、水気が残らないようしっかり拭き取ってください。(再度、火にかけて水気を蒸発させて頂いても良いです)
鉄板は水気が残った状態で放置するとサビの発生が早いのでしっかり乾燥させてください。

 
7.保管方法。
汚れを落とし水気を取ったら、新聞紙・防錆紙等に包んで保管することをお勧め致します。包んで保管する前に表面に薄く油をひいておくことでよりサビの発生を抑え、次回使用時には、油が馴染んでおりますので、焦げつきも少なくなり、より良い焼き上がりに進化していきます。また、鉄板を片付けるときは湿気の少ない場所で保管ください。




ステンレス板     | SUS304 2B / SUS304 HL / SUS304 #400 / SUS430 / SUS304 縞板
アルミ板       | A5052 / A5052 縞板
スチール板      | SPCC / SPHC-P / SPHC / SECC / 縞鋼板
鋼材         | 角パイプ / 丸パイプ / フラットバー / アングル

バーベキュー鉄板   | スタンダード /  炭火焼きタイプ / 網焼きタイプ / 深皿タイプ / 深型グリドル / ステンレスタイプ / プレート+フタ
             プレート+木皿 / お試しプレート / オーダーサイズ
メーカー対応プレート | コールマン / ユニフレーム / スノーピーク / ロゴス / イワタニ / SOTO / ウェーバー / サンフィールド / 尾上製作所
             ハーフェレ / ドッペルギャンガー / ヤマキン / タチバナ
バーベキューグリル  | ビッグボディータフ
調理器具       | サイドトレー / 蒸し焼きフタ / ミートプレッサー / BBQ網

クレープ鉄板     | D200 / D250 / D300 / D350 / D400

加工技術       | レーザー加工 / シャーリング / 穴あけ・ネジ切り / 曲げ加工 / 溶接組付