穴あけ・タップ加工(ねじ切り)とは

素材に穴を開けたり、ボルト締めを行えるようにしたい場合は、ボール盤を用いて穴加工・タップ加工(ねじ切り)を行います。
一般的な穴あけ、皿穴加工、ザグリ穴加工・ネジ切り(タップ)加工が可能です。
ボール盤があれば、位置精度、形状精度も良好な穴加工を行うことができます。
加工内容によっては、ハンドドリルにて行いますが、治具・固定スタンドを使い加工致しますので、寸法精度よく仕上げることが可能です。

 穴あけ加工

穴あけ加工断面図
加工説明 使用頻度の多い穴あけ加工となります。
基本的には、一般公差での加工となりますが、指定公差がある場合は、図面にご記入ください。
ボルトを通す場合は、0.5mm~1.0mmくらい大きめの穴径をお勧め致します。
図示方法

 皿穴加工(皿モミ)

穴あけ加工断面図
加工説明 皿ビスの頭を板と同じ面に沈めたいときに加工します。
皿ざぐり穴の開き角度は90°となります。
板厚が薄い場合には皿穴加工ができません。
図示方法
キリのサイズと皿ざぐりのサイズをご記入ください。
皿ざぐり(皿モミ)のサイズがわからない場合は、ご使用ビズのサイズをご記入ください。

 タップ加工(ねじ切り)

穴あけ加工断面図
加工説明 板にタップ加工(ねじ切り)をします。 タップ加工(ねじ切り)が必要な場合は【M】を用いてねじサイズを書きます。
基本的には一般的なメートルねじとなります。
※当店では細目はご対応しておりません。
図示方法
タップ加工の場合は、キリ穴と区別をつける為二重線(外側細線)で記載しましょう。
【M】は必ず記載してください。M8が4箇所の場合は、右図のように記載してください。

 穴あけ・タップ加工(ねじ切り)のお見積り・ご注文について

穴あけ・ネジ切り(タップ)加工等をご希望される場合は、下記の【お見積り・お問い合わせ】フォームより、図面・スケッチ図(フリーハンドOK)等を添付しお送りください。
特殊な穴形状の加工も可能です。

平板加工をご希望の場合・・・左側(平板 お見積り・お問い合わせ)より
鋼材加工をご希望の場合・・・右側(鋼材 お見積り・お問い合わせ)より

加工図記入の注意事項
加工図には、穴の種類・穴径サイズ・穴位置を必ずご記入のうえお送りください。
穴径のみ(5mm・φ8mmなど)をご記入の場合は、穴あけ加工としご対応させて頂きますので、ご注意ください。
穴位置寸法は、穴の中心からご記入ください。
材質・板厚によっては、穴あけ加工ができない場合がございますのであらかじめご了承ください。


ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。
加工方法がわからない場合でも当店で最適な加工にてご対応致しますのでご安心ください。


ステンレス板     | SUS304 2B / SUS304 HL / SUS304 #400 / SUS430 / SUS304 縞板
アルミ板       | A5052 / A5052 縞板
スチール板      | SPCC / SPHC-P / SPHC / SECC / 縞鋼板
鋼材         | 角パイプ / 丸パイプ / フラットバー / アングル

バーベキュー鉄板   | スタンダード /  炭火焼きタイプ / 網焼きタイプ / 深皿タイプ / 深型グリドル / ステンレスタイプ / プレート+フタ
             プレート+木皿 / お試しプレート / オーダーサイズ
メーカー対応プレート | コールマン / ユニフレーム / スノーピーク / ロゴス / イワタニ / SOTO / ウェーバー / サンフィールド / 尾上製作所
             ハーフェレ / ドッペルギャンガー / ヤマキン / タチバナ
バーベキューグリル  | ビッグボディータフ
調理器具       | サイドトレー / 蒸し焼きフタ / ミートプレッサー / BBQ網

クレープ鉄板     | D200 / D250 / D300 / D350 / D400

加工技術       | レーザー加工 / シャーリング / 穴あけ・ネジ切り / 曲げ加工 / 溶接組付