シャーリング加工とは

シャーリング加工とは、シャーリングマシンを用いて板材を一定の幅(長さ)に切断する加工のことを言います。
シャーリングの加工原理はハサミと同じで、上下二つの刃の間に材料をはさみ、鋼板を切りたい寸法に合わせてペダルを踏むと上下の刃のせん断作用で板を直線に切断する事が出来ます。

シャーリング加工は、精密板金・板金加工の加工工程としては、定尺板を一定の幅に切断したり、所定の幅・長さに切り出したりするカット加工に使われます。
一般にシャーリングにより板材を切断する場合、極端に細長く切断すると、せん断加工の特性から切断された材料には反りやねじれを生じます。

材料の切断部(断面)においてはバリ・ダレが発生しますが、当店の商品につきましてはすべてバリ・ダレ除去をおこなっております。

 コーナーR/C加工

コーナー仕上げ処理をお選び頂けます。
切断後、バリ取り・面取りを行いますが、角部は90°となり、危険な場合がございます。
ご要望に応じてコーナー部を処理致します。

・処理なし・・・・・切断後の状態となります。
・コーナーR・・・・・丸みをつけます。
・コーナーC・・・・・45°にカットします。

3mmまでは無料となります。
コーナー処理が必要な場合は、ご注文の際に備考欄へご記入ください。
3mm以上のコーナーR・コーナーCが必要な場合は、ご購入前にお見積よりお問い合わせください。

処理なし コーナーR コーナーC

 シャーリング(せん断)加工のお見積り・ ご注文について

四角い板(正方形・長方形)はサイト内より直接ご購入頂くシステムとなります。
サイト内にて販売価格を表示させて頂いておりますので、お見積りは行なっておりません。
外周カットのみに板材は、基本的にシャーリングカットまたは、レーザーカットでの販売となっております。
※穴加工が1つでも必要な場合は、こちらよりお問い合わせください。

定尺サイズとは・・・仕入れる際の材料の大きさとなります。
材質などによって、ご対応できる範囲が異なりますので、下記ご確認のうえお問い合わせください。
※対応可能範囲外にてお問い合わせを頂いてもお断りさせて頂きます。

鉄・・・・・・・定尺サイズ:t0.8~9.0mm 900mm x 1800mmまで
ステンレス・・・定尺サイズ:t0.8~5.0mm  1000mm x 2000mmまで
アルミ・・・・・定尺サイズ:t0.8~3.0mm  1000mm x 2000mmまで

取り扱いサイズの詳細につきましては、下記のバナーをクリックして頂きますと一覧表にてご確認いただけます。



ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。
レーザーまたはシャーリングなど、切断方法がわからない場合でも当店で最適な加工にてご対応致しますのでご安心ください。

ステンレス板     | SUS304 2B / SUS304 HL / SUS304 #400 / SUS430 / SUS304 縞板
アルミ板       | A5052 / A5052 縞板
スチール板      | SPCC / SPHC-P / SPHC / SECC / 縞鋼板
鋼材         | 角パイプ / 丸パイプ / フラットバー / アングル

バーベキュー鉄板   | スタンダード /  炭火焼きタイプ / 網焼きタイプ / 深皿タイプ / 深型グリドル / ステンレスタイプ / プレート+フタ
             プレート+木皿 / お試しプレート / オーダーサイズ
メーカー対応プレート | コールマン / ユニフレーム / スノーピーク / ロゴス / イワタニ / SOTO / ウェーバー / サンフィールド / 尾上製作所
             ハーフェレ / ドッペルギャンガー / ヤマキン / タチバナ
バーベキューグリル  | ビッグボディータフ
調理器具       | サイドトレー / 蒸し焼きフタ / ミートプレッサー / BBQ網

クレープ鉄板     | D200 / D250 / D300 / D350 / D400

加工技術       | レーザー加工 / シャーリング / 穴あけ・ネジ切り / 曲げ加工 / 溶接組付