鉄板・ステンレス板・アルミ板・パイプ・アングル・平鋼、各種鋼材、バーベキュー鉄板の加工販売。
レーザー加工・曲げ加工・切断・穴あけ・溶接組付・試作等は実績のある当店にお任せください。

Sample Dental Clinic

Sample Dental Clinic

Sample Dental Clinic

web@teppan-ichiba.com営業時間:9:00〜17:00 休業日:土日祝

アルミ板

アルミニウムの比重は2.7となり、鉄(7.8)や銅(8.9)と比べると約1/3と非常に軽い材料であるのが大きな特徴です。 耐食性、溶接性、成形性が良いことから、加工や工作に向いた板とも言えます。
自動車、航空機、船舶、鉄道車両の輸送分野、建築物などの材料としても多く使用されており、身近なところでは1円玉にも使用されています。
当店では、一般的に広く用いられているA5052を取り扱っております。

アルミの性質と用途

アルミ板 A5052

アルミ A5052 生地

マグネシウムを主要添加物質としたAl-Mg系の合金で、アルミの中では中程度の強度をもった最も代表的な材料です。 耐食性、溶接性、成形性がよく、加工や工作に向いた板とも言えます。特に強度のわりに疲労強度が高く、耐海水性に優れた板となります。 一般板金、建築、船舶、車両ホイール等に使われます。

アルミ A5052 縞板

アルミ A5052 縞板

縞板(しまいた)は、圧延によって表面に連続した滑り止め用の突起を付けた板を指し、チェッカープレートとも呼ばれます。 縞板は美観的に麗しく、床用板としてはもちろんのこと、各種化粧板として広く使われています。形状的にも重量を軽減しており、また縞目の摩耗が少なく非常に経済的です。

アルミ板 取り扱い板厚

A5052 生地 0.8mm / 1.0mm / 1.5mm / 2.0mm / 3.0mm / 4.0mm / 5.0mm
A5052 縞板 2.0mm / 3.0mm

アルミについて

アルミのうち純度99.00%以上のものを純アルミニウムと呼び、また種々の元素を添加して強度を高めるなどの性質を改善したものをアルミニウム合金と呼んでいます。 おもな性質は、添加元素の種類と添加量によって影響されます。これらは次のような合金系に区分され、合金系ごとに類似した性質をもちます。したがって、材料の選択に当たっては、使用目的に応じて最適な性質をもつ材料を選ぶことが必要です。

純アルミニウム (1000系アルミニウム)
1000番台の表示は工業用純アルミニウムを示し、1100,1200が代表的です。いずれも純度99.00%以上の純アルミ系の材料です。1100は陽極酸化処理(アルマイト)後光沢を良好にするために微量のCuが添加されています。1050, 1070, 1085はそれぞれ純度99.50, 99.70, 99.85% 以上の純アルミ材料であることを示します。この系の材料は加工性、耐食性、溶接性および電気や熱の伝導性にすぐれており、家庭用品、日用品、電気器具、送配電用材料、放熱材などに多く使用されていまが、強度が低いため構造材としては適していません。

Al-Cu-Mg系 (2000系アルミニウム合金)
ジュラルミン、超ジュラルミンの名称で知られる2017,2024合金が代表的なもので、鋼材に匹敵する強度を持ちますが、比較的多くのCuを添加しているため耐食性に劣り、腐食環境にさらされる場合には十分な防食処理を必要とします。航空機用材料として表面に耐食性の良い純アルミの板を重ね合わせて圧延加工した合せ板として使用されることもあります。

Al-Mn系 (3000系アルミニウム合金)
3003合金が代表的で、Mnの添加により純アルミの加工性、耐食性を低下させることなく、強度を少し増加させたものです。器物、建材、容器などに広い用途があります。 3003に相当する合金にMgを1%程度添加した3004, 3104合金は、さらに強度を高めることができるので、カラーアルミ、屋根板、アルミ缶、ドアパネル材などに多く使用されています。

Al-Si系 (4000系アルミニウム合金)
4000系は、比較的多くのSiを添加した合金で溶融温度が低いため、ブレージングろう材、溶接ワイヤーとして使用されています。また、熱膨張係数が低く、耐熱性、耐摩耗性にすぐれており、鍛造ピストン材料とし用いられている4032合金もあります。

Al-Mg系 (5000系アルミニウム合金)←当店取扱いのアルミ板となります。
5000系は耐食性や溶接性が良いことから比較的種類が多く、広い用途があります。Mg添加量の少ないものは、装飾用材、建材、器物用材に、多いものは構造材として使用されます。5052合金のように中程度のMg添加量のものは強度も中程度であり、もっとも一般的な材料となります。添加量の多いものは缶蓋材や船舶、車両、化学プラントなどの構造用材として多用されています。

Al-Mg-Si系 (6000系アルミニウム合金)
6000系は、強度、耐食性とも良好で構造用材として多用されています。ただし、溶接のままでは継手効率が低く、ビス・リベット・ボルト接合による構造組立が行われることが多いです。 6063合金は優れた押出性を備え、アルミサッシに多量に使用されています。鉄道車両、自動車部材、陸上構造、船舶などにも使用されている6N01合金は、押出し加工性にすぐれ複雑な断面形状の形材が得られます。また、少量のCuを添加して構造用鋼材に相当する耐力を有する6061合金など多くの種類があります。

Al-Zn-Mg系 (7000系アルミニウム合金)
7000系は、Cuを含まない溶接構造用合金とCuを添加したアルミニウム合金のなかで最も高い強度をもつ合金とに分類できます。Al-Zn-Mg-Cu系合金の代表的なものは、日本で開発された超々ジュラルミンの呼称で知られる7075合金で、航空機、スポーツ用品類に使用されています。 Cuを含まないAl-Zn-Mg系合金の代表的なものに、7N01,7003合金があります。比較的高い強度があり、しかも溶接部の強度は常温に放置するだけで母材に近い強度まで回復するため溶接構造用材料として鉄道車両、陸上構造物などに使用されています。

8000系 (その他の合金)
これまでの合金系に属さないその他の材料で、急冷凝固粉末冶金合金や低密度・高剛性材として開発されたAl-Li系合金などがあります。日本では、Feを添加することによって強度と圧延加工性を付与したアルミはく用合金8021,8079が、電気通信用や包装用として使用されています。

営業日カレンダー

営業時間 9:00~17:00
営業時間外・休日の電話対応、メール・FAXでのお問い合わせへのお返事、配送等は行なっておりません。翌営業日からのご対応となります。
※お電話でのご注文・お見積りは承っておりません。

エコ活動への取り組み 偽サイトにご注意ください
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。