鉄板・ステンレス板・アルミ板・パイプ・アングル・平鋼、各種鋼材、バーベキュー鉄板の加工販売。
レーザー加工・曲げ加工・切断・穴あけ・溶接組付・試作等は実績のある当店にお任せください。

カート

マイページ

新規登録

web@teppan-ichiba.com営業時間:9:00〜17:00 休業日:土日祝

曲げ加工(ベンダー)とは

曲げ加工のイメージ曲げ加工とは、素材となるアルミ・ステンレス・スチール板などの板材を特定の形状・角度に変形させる加工のことです。曲げ加工においては大多数の製品で活用される一般的な加工技術であり、形状によってさまざまな細かい技法に分類されます。

板材専用の曲げ加工機はプレスプレーキ、あるいは単にブレーキとも呼ばれ、U型・O型などの曲線に加工する機械をロールベンダー、管材などはパイプベンダーと呼ばれる機械を使ってそれぞれ曲げ加工を行います。

曲げ加工の原理金属板を一定角度で直線的に曲げる加工には、図のように、機械フレーム下部にV溝加工された金型(下型)を固定し、このメス型に上下するオス金型(上型)を押し込んで曲げ加工を行います。プレスすることにより、ワークが金型に合わせて形成されます。

プレスブレーキについて

機械平板の『曲げ』を行う当店のプレスブレーキは、最長4メートルまでの長さに対応可能な200トンの大型プレス機と、小物にも対応できる1.2メートルのブレーキを保有しており、板材をスピーディーに曲げる環境設を整えております。
プレスブレーキでは対応できないU型・O型などの板材は、ロールベンダー(三本ロール)を使って曲げていきます。

機械 東洋工機 プレスブレーキ
最大加圧能力 200トン
最大曲げ長さ 4100mm
可能な板厚 9.0mm
導入年月日 2013年8月

曲げ加工でのサイズと板厚について

プレスブレーキで曲げられる可能なサイズ・板厚は材質によって違います。
下記の表をご確認いただき、お問合せください。
※現在は、取り扱い材料の最大サイズを可能値としております。
※形状や内容によってはご対応できない場合があります。

ステンレス板 板厚:5.0mm / サイズ:2000mm
アルミ板 板厚:3.0mm / サイズ:2000mm
スチール板 板厚:9.0mm / サイズ:1800mm

かんたん見積り

比較的ご注文の多い下記形状の曲げ加工については、指定箇所の寸法をご連絡頂くだけで、お見積り可能です。ご希望の形状をクリックし、お進みください。
下記の形状以外にも製作は可能ですので、ご希望の形状がございましたら、お問い合わせください。
また、下記の形状であっても、板厚、曲げ部の寸法により加工できない場合もございます。その場合は、溶接での方法もご提案させて頂く場合もございます。

一覧ページはコチラ

曲げ加工時に注意して頂くこと

お見積りの際によくある加工内容について、注意事例をご紹介させて頂きます。
お見積りをお送り頂く前にご参考ください。

曲げ部と穴位置の間隔不足

穴位置による曲げ加工不具合平板から『曲げ』と『穴あけ』を行いたい場合、互いの距離を十分に保つ必要があります。
曲げ部と穴位置の間隔が少ないと、写真のように、プレスした際に穴が変形する現象がおきます。
※写真は穴あけ後に加工した物です。
可能な限り曲げ部と穴位置までの距離を確保することで穴形状の変形を回避できます。

曲げと穴位置の関係板金加工において、『曲げ』は、穴あけ後に行います。そのため、曲げの位置と穴の距離を十分に保つ必要があります。 どうしても曲げ位置と穴の距離が保てない場合は、プレス後に穴あけを行いますが、コストが高くなるため 、曲げ部と穴位置を保つことを考慮したうえで設計することによりコストを抑えることができます。
板厚によって最小寸法が違いますので、下記最小値をご参考ください。

板厚(mm) 最小寸法値(mm)
1.0mm 5mm
2.0mm 8mm
3.0mm 12mm
4.0mm 16mm
5.0mm 20mm

溝深さによる機械干渉

コの字曲げやハット型曲げに多い加工不可となる事例ですが、溝の幅よりも深さが大きい為機械との干渉により加工できません。

曲げ加工 機械干渉による不具合
深さよりも幅が大きくなるよう設計しましょう。
幅30mm以下 ⇒ 不可 / 幅50mm ⇒ 深さ25mmまで / 幅200mm ⇒ 深さ100mmまでを目安に。

傾斜が付いた形状の曲げ加工について

ご依頼頂く中で傾斜の付いた部分を折り曲げる際、板厚を考慮せずに図にされる事が多いです。
下図、丸印部は加工可能な必要高さが無く、実際にこの形状で加工してしまうと、右側のようにイメージする物とは大きく異なった形状となってしまいます。

曲げ加工失敗例1

もう1パターンは、曲げ部に対して垂直な部分をつくりダレを回避しているように見えますが、高さが不足すると、同じようにダレてしまいます。

曲げ加工失敗例2

以上のように、傾斜を付けた部分を折り曲げる場合は、板厚に応じて最低限の高さを設ける事が必要となります。

お見積りについて

・お問い合わせの際は、必ず図面等を添付しお送りください。(ファイルは1MB以下)
 ※図面がない場合、お見積り・製作はご対応できません。
・図面はフリーハンド可です。(ただし、寸法記載必須)
・文字、特殊形状(寸法が測れない曲線等)の場合は、DXFデータが必要となります。
・図面には、材質・板厚・サイズ(縦x横)・穴径などの寸法、数量を必ずご記入ください。
・図面が複数枚ある場合は圧縮してお送りください。
・お見積は無料です。

お見積り・お問い合わせはこちら

営業日カレンダー

営業時間 9:00~17:00
営業時間外・休日の電話対応、メール・FAXでのお問い合わせへのお返事、配送等は行なっておりません。翌営業日からのご対応となります。
※お電話でのご注文・お見積りは承っておりません。

エコ活動への取り組み 偽サイトにご注意ください
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。